Jampan

美大生が仕事について考えるブログ

祖父母の家に行った話

ブログを毎日書くという目標を立てなくてよかったです。10日以上もあけるのもどうかと思うけど…

 

1週間ほど帰省のために実家に帰ってきています。なんにもない千葉の田舎だけどとっても静かで良いです。東京戻りたくないなー。こんな田舎でネットを使ってフリーで仕事できたらいいな!と思います。これもひとつの目標です。もう実現可能な世の中だと思うので。むしろなんでまだ普及していないのが不思議でしょうがない。

 

近所に住む祖父母の家に挨拶をしに行って、いろいろな話を聞いてきました。

一番印象に残っているのは、年金の話かな。

 

祖父母は現在2人とも80歳を越えて年金で暮らしているのですが、「最近はどうせ年金なんてもらえなくなるだろうから年金を払わない人がけっこういる。途中で辞退した知り合いは自分たちの半分程度しかもらえていない。制度はいずれなくなるかもしれないけど、最後までしっかり払っていれば、国は必ずこちらに返してくれる。」

 

ような趣旨の話をされたのですが、私としては信じがたい話です。年金制度の仕組みってもう破綻してるよね。子供がどんどん増えていた時代だからもっていた制度でしょ。私の世代からするとすごく恐ろしく不安定な制度だなーって感想です。

さらに恐ろしいのが、少子化なんてずっと昔からわかっているのに年金に変わる制度が未だ施行されていない現実です。私が今から生涯年金を払い続けて、本当に定年になったら国が守ってくれるとは到底思えないし、なによりこれから生まれてくる将来の若者に見ず知らずの老人の生活費押し付けるなんて私は嫌だなあ。

本当にダメになるまでこの制度続けるつもりなのかな…今は学生だからという理由で見送ってもらってるけど、早い所こんな無理な制度見限ってくれって感じです。今まで払ってもらった分は返して、本当に生活できないよって人には生活保護のために給付を、でいいんじゃないかな。

とにかく一旦区切ることは絶対に必要になると思います。

やるなら早くやってよ。老後も自分で頑張らなくちゃいけない時代なんだっていうのはわかってるんだから。むしろこれからどのように賢く長く仕事をしていこうか考えるのも楽しいなと思っています。人に頼るより自分が養う!のが好きだし、そのほうが人生自由で楽しいだろうなーと思っている私なので。